第35話 幼稚園の相合い傘

幼稚園の相合い傘

 昨夜のニュースで80歳くらいの老老男女が初恋談義で盛り上がっているのを見た。つい、顔がほころんだ。みんなの顔がとても生き生きとしていたからだ。「おらだちのころはキッスなんてねかったのさ。好きなのいだんだけっども、二人してあるとき工事現場に行ったのね。そしたら彼女、そごの現場監督にほれでしまってさ。。。そんで結婚して、もう亡くなったらしいな〜」その人の奥さんが笑いで顔をくずしながら言う。「この人、兄貴どいっしょに私の家まで押しかげで来たんだよ〜。見合いなんだっけどもえらい執念でさ〜」旦那さんの方がまた発言。「こいづは、逃がすわけにいがねって思ってさ〜」この方よりも若干お若いある方は、浜辺の散歩で、後にも先にも?はじめてのキッスをしたらしい!


 こんな「シルバーズ初恋ぶっちゃけ集会」を企画した仙台の社会福祉士の女性は名プロデューサーだ。やっぱり初恋話はみんな必ず胸に秘めてる宝モノだし、お互いの宝モノを見せ合いっこするのはとっても愉しい、と私もニコニコ思う。賑やかな画面を見ているうちに、ふと幼稚園の頃を思い出した。


 昭和三十年代はじめ、わが生まれ故郷の小さな町に民間の幼稚園ができた。「山の神神社」という有名な神社が経営する幼稚園で、広い庭園もあり、動物園にあるような大きい檻に7、8頭ものニホンザルも飼っていた。時代は「三丁目の夕日」の頃で、年々賑やかになる町の、ほぼ皆自営のお母さんたちにとって、幼い子どもを預けられる幼稚園はとてもありがたいものだった。思いだしたのは、その幼稚園の便所(その頃はトイレなんていう人はいなかった)の落書きだ。「相合い傘」が描かれていたのだ。傘の下には、幼児ならではのへたくそな字で、同い年の男子と女子の名前が並んで書かれていた。


 私たちは生まれたときから生粋のオスであり、メスであるようだ。相合い傘を見た私は、「う〜〜ん、やっぱり」と合点し、少々嫉妬を覚えたものだった。まだ五、六歳のくせに、もう大人と同じ恋愛感覚を持っている。


 そのハンサムな男の子は小学校二年生で転校し、その後数十年会うことがなかった。女の子は私と同じ小学校、中学校に入ったが、活発で色っぽい娘だった。両人と再会したのは四十二歳の頃だった。男の子は銀行員になっていて、独立して始めたばかりの私の会社の融資担当だった。頭がけっこう薄くなっていたので最初気づかなかったが、名刺を見てお互い「お〜!」と顔がほぐれた。女の子とは、その頃開催した小学校同級生の「年祝い」で再会した。そのときは離婚していたらしく、悪ガキ同級生が囲んでせまっていたのを思い出す。「今、空いてるんだって?」とか言いながら。


 というわけで、何を言いたいのかといえば、こんなこと。幼児の頃から棺桶予備軍の年代になるまで、オス・メスの恋愛本能や選択眼には変わりがないもんだな〜 そういえば私が幼稚園のころ、新任で入った先生にえらくドギマギしたことも思い出すな~。